あたいが学生時代、釘付けになったのは競馬だ。

私が学生時代、釘付けになったのは競馬だ。
競馬と言えば賭博、という奴が大半だと思いますが、私はその走る見かけがそれ以上に歓迎でした。1胸中の馬を応援し、引退する最後の勝負まで見守り積み重ねるのです。

凄い馬を応援するのは当たり前ですが、私はわざわざ実に敗れる馬を応援します。その馬が大きなレースで優勝する幸運は、当たり前のように勝つ馬よりも何ダブルという嬉しさがこみ上げて来る。
小学はじめ年生の時はナリタブライアンを応援し、高学年は専門週、ナリタトップロード。名馬からとうとう勝てた馬までを応援してきました。
都内の個々セミナーに入学し、競馬立場にも足を運ぶようになりました。
馬を全然見たことがない私は、目の前で視察見込めることが思い切り喜ばしく、各週のように競馬立場に通いつめました。
今日は前部走によって快活です、今日は太めです、など競馬しか見ていなかった私は馬の身体も気にするようになりました。
さっぱり人を持つ父兄ものの感じになりました。

これからも私は馬を追い積み重ねるでしょう。続きはコチラ